結婚式と葬式を考える

最近の私の考えてる事と言えば、子供の結婚式と親の葬式をどうしたらいいのかと、嬉しい事と悲しい事の両方を考えている。結婚式は北海道と東京では違うと話に聞いた事がある。でも実際に私は北海道の結婚式しか参列した事がないので、東京の結婚式はよくわからない。とゆう事は、やっぱり葬式も北海道と東京では違うのかな?どんな風に違うのか、さっぱりわからない。自分が慣れているせいか結婚式は北海道のやり方の方が私としては、しっくりくる。招待制よりも会費制の方が金額がハッキリしているので悩まずにすむからかもしれない。葬式は北海道のやり方がいまいちよくわかってないし、東京のやり方ももちろんわからない。だから比べようにも想像する事も出来ない。思うとしたら、やっぱり東京は人口も多いし葬式の回数も多いのではないかと、そんなくだらない事しか想像出来ない自分が恥ずかしくもある。やっぱり東京の方がファッションにしても教育にしても何事も進んでいて、その風習がいずれ北海道にもやってくるのが流れになっているみたいだから、いずれ北海道の結婚式や葬式も東京のやり方に染まってしまうのだろうか…私としては、それぞれ違う
風習があってそのままでも良いのではないだろうかと考えてしまう。私は結婚式も葬式も参列するだけならどちらのやり方でも、すぐに対応していける気がするけど、主催者側になると、どちらもある程度の知識がないと失礼にあたるので気をつけて行わなければならないと思う。子供の結婚式や親の葬式、私としてはどちらも慣れしたしんでいる北海道でやりたいと思っています。けして東京のやり方を批判しているわけではありません。

1コメント “結婚式と葬式を考える”

  • これはコメントです。
    コメントを削除するには、ログインして投稿編集画面でコメントを表示してください。編集または削除するオプションが用意されています。

コメントをどうぞ

2019年3月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031